自分の首を絞める凍ではありますが、もっと、土地の固定資産税を家が建っているからといって減らさないで、上げたほうがいいのではないでしょうか。余りにもそこにあぐらをかきすぎています。特に、都会で昔から土地を引き継いだ人です。これでは、庶民はたまったものではありませんよ。
そこに何もしない生産性のない人が住み続けるというのです。これでは、経済発展もしませんよ。土地も建物と同じくらいにしないと、大きな土地はいつまでも、その人たちのもので、何もせずに、5人家族ではたらいている人が一人という状態のままなのです。
もちろん、言葉もよそ様への攻撃もひどいですよ。それがいいとはとても思えません。固定資産税を上げれば、払わないといけないので、その働かない人も、仕方なしに外に出ていかざるを得ないでしょう。
面等向かって、嫌いいやふだと叫んできます。この人たちは、自分たちはやられないのが一般的です。誰も関わりたくないからです。一方的です。あたりめの人はできませんよ。それが目的ですから。相手は絶対にしないということが目的なのです。窓も開けてはいけないと子供が規制を上げています。ひどいですよね。
しかも、多いのです。土地の課税ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です