理解sていないのだから、もっと、啓蒙して欲しいです。
子供も、日本のためとは言わないけれど、子供が生まれたならば、ちゃんと楽しくせいあkつできるように居易良くしていくということです。ただ、運だからいいと思っている人があまりにも多いのです。生まれて、嫌だ、嫌い、早く死ね、稲稲稲、くそばばあ、ババア死ね、一日中、その奇声をあげ続けています。それが止まらにということは、親がやらせているということしかないのです。
子供産んで、それはないですよ。色々と虐待のお話がありますが、これも、虐待ですよ。子供は、他人を攻撃することしか覚えませんから。悪口を書かれていると思っているのでしょうね。このパソコンの音も嫌なのです。パソコンは使いませんから。スマホだけです。スマホでなんでもできるのです。
悪口ではないのです。子供はそれでいいのですかということです。
しかも、それが一人二人ではないのです。自分の意思を通すために、子供の奇声を使うのです。窓を閉めさせるのに子供の奇声という塩梅です。子供はなんでも許されるという警報を知っているということです。これも、はっきりと、子供でも捕まりますよと啓蒙して欲しいです。
被害は大きいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です